FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝きの向こう側へ入ってまいりました

どーも、草薙です

昨日、「THE iDOLM@STER 輝きの向こう側へ」を見に行ってまいりました
語彙が少ない自分なので、俗っぽい言葉でしか語れませんが、非常に素晴らしかったです

AS組はそれぞれ成長していて、思わず涙ぐんでしまいました
シアター組も、見知らぬ世界に飛び込んで何をしたらいいか分からず戸惑ってしまうシーンも凄くよかったです


■2月10日追加の感想 ネタバレがあるのでご注意ください

「眠り姫」
まず、冒頭の「眠り姫」で笑わせていただきましたw
「アイドル=能力者」てw 公式がiM@s架空戦記をしてくるとはw

雪歩がガチ歩になってるし、制服も可愛いというw
亜美真美のおしゃぶりがががww

戦闘シーンも戦闘シーンで、
やよいが柱を振り回すわ、美希がおにぎり形の魔方陣から砲撃するわでかなり気合が入ってて唖然とさせられましたw

まぁ、案の定、あの世界で放映される映画の予告だった訳ですけどw
(Fate of the Worldが非常にカッコよかったです)


成長したアイドルの日常
そしてアニマス(2011年放送のアニメのこと)の後成長したアイドルたちの忙しくも輝かしい日常が始まります
美希はハリウッドデビューが決まり、千早は海外でのレコーディングに望む
ユニット「竜宮小町」の3人も更なる躍進を遂げ大忙し、
真美も双子の妹である亜美と同じように、やよいと一緒に仕事
響は、子供たちに好かれるいいお姉さんアイドルになり、
真は、その運動能力を活かしてアクション映画の撮影に参加し、
雪歩と貴音も雑誌の取材を受けたり、
春香はアイドルアワードという章で個人賞を受賞するなど765プロは、大きな躍進を遂げていました

いやぁ、もうここらへんからちょっと涙ぐんでしまいましたw
もちろん、赤羽根Pと律子、小鳥さん高木社長の4人も活躍するアイドルたちをサポートしていました

あ~、アニマス初期は頼りなかった赤羽根Pが本当の意味で信頼を寄せれる良きプロデューサーに成長してたのも印象深かったですw

アリーナライブと、初めてのリーダー
アリーナライブといえば本当盛り上がりますからね~
春香たちが盛り上がるのも当然ですよねw

春香がリーダーとして選ばれたのはある意味納得してしまいましたw
アイドルたちがそれぞれアリーナライブへの喜びを表す中、嫉妬の表情を見せた美希がとても印象的でした

最初、合宿やってなかったっけ?って思いましたけど、アニマスのあれは慰安旅行でしたねw

本当、山と海の描写がよくて思わず自分も旅行気分にw

合宿
相変わらず風情のある旅館でよかったですw
女将さんも物腰が緩やかで優しそうですし

物陰から765プロアイドルを見て興奮する奈緒でちょっと顔がほころびましたw

ここで今回バックダンサーを勤める星梨花、奈緒、百合子、美奈子、志保、杏奈、可奈の7人が出るんですけど、
憧れのアイドルたちの前で興奮し戸惑う描写が素晴らしかったですw

初めての律子式訓練でちょっと食欲がうせてしまったダンサー組を見て、隣に座る春香と雪歩を見て思わず目頭が熱く…

あと、765プロ独特の雰囲気を不思議そうに見る視線もいい演出だなぁって思いました(`・ω・´)
7人にとって軽いカルチャーショックだと思いますw

朝早く目覚めた春香は、先に起きてボイトレをやっていた千早と共にランニングに
柔らかな笑みを浮かべ、カメラを手に笑顔の春香を撮る千早。
手振れとか逆光とかでぼけてしまっている写真もありますけど、それもまた味が深いいい写真に

スタッフが乗る車と、落としたプチシューの動きが結構ぬるぬるしていて、物凄く気持ち悪かったですw

いや~、春香が憧れられるアイドルになったってのはかなり感慨深かったです
最初は憧れてアイドルになった女の子が、別の女の子の憧れと目標になるってのがもう…(´;ω;`)

公開前から分かってましたけど、赤羽根Pの海外留学はくるものがありました…

寂しさを隠せないみんなに、春香が安心して海外にいけるようにライブを成功させようと語りかけて、
みんなのモチベーションが戻るのを見て、「あぁ、やっぱり春香は周りを照らす太陽なんだなぁ」としみじみ思いました


失敗と恐怖と挫折。そして響き始める不協和音
まぁ、誰にでも失敗はありますけど
まだ右も左も知らない世界で間違えたり失敗するのは物凄く怖いですよね…

芸能雑誌にあんなふうに名前を取り上げられて、叩かれるなんて普通ないですし

可奈のミニライブでの転倒をきっかけに、志保と可奈たちに大きな溝が生まれて、可奈も来なくなってしまって…
調整的な時間を考えると、今遅れてしまうと、後々に大きく響くのが一目瞭然なので、
赤羽根Pがダンサー組を765プロで預かる判断をしたのは、ある意味でいい判断だと思いました

話し合いで、志保が迷う春香に向かって意見するのが印象深かったです
伊織が割って入ったからなんとかなりましたけど、あれひっぱたかれても不思議じゃないんですよねぇ…(志保は好きですし、いい子と分かってます)

律子のひざパンチ可愛い!


自分らしい答えって?
話し合いの後、美希が「美希は、春香じゃないからわからないの」という台詞と、
千早の「春香は春香の自由にしたらいい」という台詞は、春香が何でリーダーに選ばれたのか分かっていて、
それに対して信頼しているからでしょうね~。

あと、春香が溜め込まず色々な愚痴を言えるようになってよかったです
その春香の話をきちんと受け止めて聞く千早の成長っぷりときたら…(´;ω;`)

やっぱり雪歩の実家は屋敷なのか~(棒
不安にかられるダンサーの皆を優しく受け止める雪歩にまたまた涙が…

伊織が、春香は「必ず筋の通った自分らしい答えを見つけてくる」っていうのに思わず関心
色々なことを一緒に乗り越え、信頼で結ばれた仲間orライバルだからこそいえる言葉だと思います

ソファに座る美希の複雑な感情が混ざり合った憂いの表情も最高です

可奈との電話シーンは雨で沈んでいってしまってる現状を表していて非常にいい演出でしたし、
電話での、可奈の悲痛な叫びは見ているこちらも心が痛くなりました…

迎えに行こう

「みんなと一緒に走りぬきたい」という自分の答えを得た春香は、可奈を迎えに行く事を決意

いやぁ、本当大人数の捜索だなぁw
可奈が逃げたときの追い込みようでちょっと笑ってしまいましたが、
この諦めない姿勢こそ、765プロなんだとつくづく感じさせられました

可奈が逃げていた理由は最初拍子抜けでしたけど、
一人の女の子目線だと本当深刻ですよねぇ…

一人で頑張ろうとして、それが上手く出来ずストレスで過食してしまい、
そんな自分に嫌悪を覚えてまたストレスが溜まって、また過食…

まさに悪循環…

憧れのアイドルの足をひっぱってしまった自分が恐くて許せなかったんだろうなぁって勝手に思ってます…

自分はどうしたいのか

可奈を迎えにいった春香たちは、自分の「どうしたいか」を確かめにアリーナ会場へ

いやぁ、アリーナって本当広いですよねぇ
その広いアリーナ会場全体に届けるように叫ぶ春香。

ここでの、春香の語りが一番の感動ポイントだと勝手に思っています
可奈に思いが伝わって、泣く春香を見て号泣…

アリーナ会場の前、穏やかな日差しがみんなを照らす中、志保はいままでの非礼をわびるように春香にお辞儀をします。
個人的に、このシーンは春香の語りに次いで好きなシーンです
様々な価値観に触れ、ここでようやく志保も歩き始めれたと勝手に思っています


――M@STERPIECE――

アリーナライブもついに本番。
ダイエットorレッスンで衣装を着ることが出来た可奈は涙を浮かべます。
ダンサー組の衣装は黒が栄えますねぇ

765アイドル達も衣装を着て、あずささんが髪飾りと同じ赤い花を律子の胸に着けます。
これは、プロデューサーになってもみんな一緒だということでしょうね

「目指せ、トップアイドル!」

の掛け声で円陣を組み、ステージに向かっていくアイドルたちを見る赤羽根Pの誇らしげな表情が非常に感慨深いです…

主題歌「M@STERPIECE」が流れ、それぞれ思い思いに歌って踊りだす彼女達を見て思わず涙が…
歌詞には、今までアイドルマスターという作品が培ってきた、愛、絆、情熱、優しさ、友情、思い出がたくさん詰まってました…

カメラワークは本当、圧巻の一言に尽きます…
「私のM@STERPIECE」の部分でピースサインを突き上げながらぴょんぴょんと飛び跳ねるところがお気に入りです!!





「THE iDOLM@STER」役10年の歴史を彩る大作でした!

これからもアイドル達の活躍を見守れるよう頑張って生きたいです!(真っ白に燃え尽きる)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

草薙 風(又は叢風 凪)

Author:草薙 風(又は叢風 凪)
シャッス!草薙ですッ!

~好きな物~
・アニメ
・ゲーム
・TRPG
・読書
・ラノベ
・漫画
・リリカルなのは
・ACE COMBAT
・アーマード・コア
・アイドルマスター
・ニコマス(ノベマス、卓m@s、架空戦記)
・TCG(遊戯王、バトスピ)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
オススメ動画(卓ゲm@ster)
ブリッツP 妄想腐敗P 開拓流行れP
オススメ動画(ノベマスor架空戦記)
●HDKPPP 焼き肉P
QRコード
QR
バナー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。